05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

それでも妻を愛してる 感想

プレイ後、素直に思いました。

ああ、こんな妻がほしいなーと。

nanami.jpg
このCG凄く好き。


うん、なんか心暖まっちゃったよ。

今の僕の心なら焼き芋作れちゃうんじゃないかと思う。それくらいホカホカです。

個人的にこのゲームのジャンル付けするなら、

幾多の困難を乗り越え二人の絆を深めるAVGです。

では感想。












プレイ前は寝取られ作品と云う事もあり、悲壮感と絶望がブレンドした、苦い香り漂う濃厚な仕上がりになることを期待していました。

しかし、この期待は良くも悪くもハズレました。

絶望に関しては、寝取られを回避すると云う視点ならばあります。これだけの男たちに狙われてるんですから。これを全て回避しようなんて鉄砲伝来前の日本が真珠湾攻撃を仕掛ける並の絶望です。ですが主人公の気持ち的に絶望はあまりありません。なぜなら奥さんが最後まで愛してくれるから。そして主人公も最後まで愛そうとするから(ダメなときも勿論多いですが。

同様に悲壮感もあまりありませんでした。このゲームでの男は、寝取ってやろうと云うよりかは奥さんを手に入れたい一心で動いている人が多いので、主人公目線だと寝取られてる感は薄いです。よって悲壮感も薄い。勿論、構図的には寝取られに相当するんですけどね。単純に僕の感覚が麻痺してるだけかもしれません。

ただ結論だけ云えば、期待していた悲壮感も絶望もあまり感じませんでした。

その代わり僕個人としては「愛」があったと思う。

妻から夫の、そして夫から妻への。

うん。

エロゲっておもしろい世界で、穢れの文化だからか性欲中心の愛が許される媒体にも関わらず、どちらかが乱が倫ドン~♪してしまった後の復縁が認められない(理解されない)雰囲気がある。でも僕はそんな事ないんじゃないと思う。

人の真価が問われるのは苦しいときだし、人の愛が問われるのは過ちが起きてしまった後だと思う。少なくとも僕にとっては。寧ろこういった再結合の方が心は揺れ動きますし、実際動かされました。

なーんかゲームながら嫉妬しちゃったね。僕もこんな感じの愛がほしいです。新幹線内で「愛~名声~冨~~~、この世の全てはいかがですか~?」という売り子が来たら、僕は「暖かい愛を一つお願い!できれば持ち帰れるように包んでくれ!」と云ってしまうくらい羨ましかったです。


良かったよー、良かったよー。雰囲気だけじゃなく中身も良かったよーっと。

ではでは、よい追加エピソードを。




Secret

プロフィール

koborard

Author:koborard

応援してるブランド

美女(印象派)

イってゃう

水よ導け愛は一方通行

静謐への反逆

愛と正義とスケベの味方

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセスカウンター